Top >  生後5か月以降の赤ちゃん >  はいはいをし始めたら

はいはいをし始めたら

赤ちゃんがはいはいをしだしたら、

本当にママもこれまで以上に

バタバタになります。


だって、今までは、

じっとしていてくれたのが見違えるように

活発になりますから。。。


でも、これも成長の証として

嬉しい限りですよね。


はいはいをしだしたら、

一番気をつけることは誤飲です。


床にあるもの何でも

口に入れるようになります。


食べカスが無い様に

掃除はこまめにしましょう。


また、食べカスだけでなく、

お金や長いものも注意です。


呼吸困難になってしまいますので、

細心の注意を払いましょう。


また、家庭に喫煙者がいる場合は、

タバコは必ず赤ちゃんの

手の届かないところにおかなければいけません。


タバコの葉っぱを飲んでしまうと、胃の洗浄をするので、

口から長い管を入れられ、赤ちゃんも辛いですし、

見るほうもとても痛々しいです。


やっぱり、赤ちゃんのいる家庭では特に、

タバコは吸わないのが

一番ですね。


はいはいは腕を鍛えるのに

大変効果があります。


はいはいの時期は長い方がいいといいますし、

はいはいを始めたら

いっぱい遊ばせてあげましょうね。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


育児に疲れた時にどうしたらいいか知りたいママ達はこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ

お子さんを天才にしたいママはこちらへ




         

生後5か月以降の赤ちゃん

生後5か月を過ぎてくると、これまで動けなかった赤ちゃんが、
おすわり〜はいはい〜つたい歩き〜歩行と、どんどん成長します。
> 成長するにつれ、気をつける事もいっぱい。

ここでは、活発になってくる赤ちゃんと共に、注意することなどを紹介します。

関連エントリー


おすわり時の注意
赤ちゃんの歯とよだれ
突発性発疹について
はいはいをし始めたら
歩行器の活用
つかまり立ちからつたい歩きへ
初めてのお歩き
はじめてのおしゃべり




2歳になるまでの育児メールセミナー 初めて子育てするママへ【2歳になるまでの育児講座】 出産後の様々な疑問や不安を解決できます
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

生後1か月から4か月

離乳食について

離乳食レシピ

生後5か月以降の赤ちゃん

1歳をすぎたら

トイレトレーニング

小児喘息について

予防接種について

健康検査について






Yahoo!ブックマークに登録