Top >  小児喘息について >  小児喘息の特徴

小児喘息の特徴

小児喘息は、ほとんどが

アレルギー物質によるアレルギー反応

によって起こると言われています。


小児喘息が起こると、気管支がせまくなるので、

子供の呼吸は「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」

といったような音になります。


子供も呼吸がしずらいので、

寝苦しく感じてぐずることが

しょっちゅうです。


また、高熱がでることもあるので、

食欲も落ちます。

水分をしっかり補給してあげましょう。


かかりつけの医者を決めておいて、

喘息の症状が出てこなくても、

月に一回程度は受診するのをお勧めします。


気管を広げる薬と、

寝る前に胸に張るシール、

咳止めなどの薬が出されます。


吸入もしてもらえます。


また、喘息が出ている時は、

あまりはげしい運動はさせずに、

できるだけ安静にしましょう。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


育児に疲れた時にどうしたらいいか知りたいママ達はこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ

お子さんを天才にしたいママはこちらへ




         

小児喘息について

小児喘息は子供にはとても辛いです。
私の子供も小児喘息にかかりました。

ここでは、お医者さんで習ったことなどを紹介していきたいと思います。

関連エントリー


小児喘息の特徴
アレルギー検査
家でもできる肺の鍛え方
母親が気をつけてあげること




2歳になるまでの育児メールセミナー 初めて子育てするママへ【2歳になるまでの育児講座】 出産後の様々な疑問や不安を解決できます
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

生後1か月から4か月

離乳食について

離乳食レシピ

生後5か月以降の赤ちゃん

1歳をすぎたら

トイレトレーニング

小児喘息について

予防接種について

健康検査について






Yahoo!ブックマークに登録