Top >  予防接種について >  BCG

BCG

BCGは結核の感染を予防するものです。


昔はツベルクリン反応の後に、

BCGが行われていたのですが、

今では、生後6か月未満で、BCGのみ行われます。


接種後、軽い発熱が起こる事がありますが、

心配はありません。


生後3か月をすぎた頃から、

接種を考えましょう。


無料で接種できる期間は

生後6か月までで、それ以降は

お金がかかりますので注意しましょう。


また、一つの予防接種を受けたら、

最低4週間は間隔をあけないといけないので、

計画的に予防接種に通うことが大切です。


予防接種の際は、

「予防接種手帳」と「母子手帳」を忘れずに。


あらかじめ記入しておかなければ

いけないところもあるので、

目を通しておきましょう。


BCG接種後は、

乾くまでさわらないこと。


また、服をきせる時も注意しましょう。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


育児に疲れた時にどうしたらいいか知りたいママ達はこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ

お子さんを天才にしたいママはこちらへ




         

予防接種について

赤ちゃんが産まれてから、行う予防接種はたくさんです。

また、行う時期も決まっていますので、注意しましょう。

ここでは、それぞれの予防接種について解説していきたいと思います。

関連エントリー


予防接種の必要性
BCG
三種混合(DPT)
ポリオ
はしか




2歳になるまでの育児メールセミナー 初めて子育てするママへ【2歳になるまでの育児講座】 出産後の様々な疑問や不安を解決できます
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

生後1か月から4か月

離乳食について

離乳食レシピ

生後5か月以降の赤ちゃん

1歳をすぎたら

トイレトレーニング

小児喘息について

予防接種について

健康検査について






Yahoo!ブックマークに登録