Top >  予防接種について >  三種混合(DPT)

三種混合(DPT)

DPTとは、

ジフテリア、百日せき、破傷風混合のことです。


このDPTは三週間ごとに一回を三回行ったあと、

一年後に4回目を接種して免疫力をつけます。


ジフテリアとは、

高熱、せきなどで、喉の炎症が起こり、

ひどい時は呼吸困難に陥る事もあります。


百日せきは、

名の通り長期間にわたってひどいせきが続き、

これも呼吸困難になる恐れがあります。


破傷風混合は、

土の中にいる菌が体内に入って発症し、

けいれんなどをおこし、死亡率も高いようです。


接種時期は、

一回目は遅くても1歳までに行うのが理想的。


それから、三週間ごとに計3回。

三回目の一年後に一回行います。


DPTの時も、

「予防接種手帳」と「母子手帳」を忘れずに。


注射の後、まれに赤くなることがありますが、

大体はすぐにおさまります。


何日たってもおさまらず、

発熱などが出た時は接種をした

医者に相談しましょう。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


育児に疲れた時にどうしたらいいか知りたいママ達はこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ

お子さんを天才にしたいママはこちらへ




         

予防接種について

赤ちゃんが産まれてから、行う予防接種はたくさんです。

また、行う時期も決まっていますので、注意しましょう。

ここでは、それぞれの予防接種について解説していきたいと思います。

関連エントリー


予防接種の必要性
BCG
三種混合(DPT)
ポリオ
はしか




2歳になるまでの育児メールセミナー 初めて子育てするママへ【2歳になるまでの育児講座】 出産後の様々な疑問や不安を解決できます
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

生後1か月から4か月

離乳食について

離乳食レシピ

生後5か月以降の赤ちゃん

1歳をすぎたら

トイレトレーニング

小児喘息について

予防接種について

健康検査について






Yahoo!ブックマークに登録